バツイチ男が投資で未来を少し明るくしてみる

ほぼ高卒のバツイチ零細会社員が米国株への積立投資を中心に資産運用してるので、その投資記録などを書きます。

《祝増配》AT&T【T】配当金と保有状況 22ヶ月 2019年2月

f:id:Batsumira:20190410143550p:plain

お疲れ様です。バツミラです。

仕事が忙しいと言いながら、自分のブログネタである配当が入金されると記事を書きたくなってしまいます。

という事で、AT&T【T】からの配当が入金されました。
ぐへへ。

前回の【T】記事
www.batsumira.com

概要

AT&T【T】は、米最大手電話会社とワーナーメディア(旧:タイムワーナー)の持株会社です。

配当金の詳細
f:id:Batsumira:20190205211309p:plain

今回
1年前
株数 184 107
配当金(1株) $0.51
⇧2.0%
$0.5
 
配当金(合計)
(税引き後)
$70.88
¥7,629
$38.51
 
元本利回 $
(税引後)¥
4.31%
4.13%
3.74%
 

今回の配当は少しだけですが、増配されていました。嬉しい。

1月30日にリリースされた10-12月期の決算は悪い内容でした。

単位:$
売上高
EPS
予想 485.0億 0.86
結果 480.4 0.86
前年同期 416.8億
⇧15.3%
0.78
⇧10.3%

EPS:1株あたりの純利益

EPSは市場予想と一致したものの売上高が市場予想に届きませんでした。

ライバルのベライゾン【VZ】が10-12月期に無線通信で120万もの新規契約を獲得しているにも関わらず、AT&Tの解約率は1.2%となっています……

ネットフリックス【NFLX】などに押され、有料テレビの契約者数は66万人減となりタイム・ワーナー買収の効果も見られない状況です……

株価チャート

(2016年2月5日 ~ 2019年2月4日)
(円建)(週次)(3年)
f:id:Batsumira:20190205215526p:plain
f:id:Batsumira:20190205215537p:plain
完全に長期下降トレンドに入っているチャートですw
ほんま配当利回りしか取り得の無い銘柄やな。

3ヶ月 騰落率:-5.8%(¥)
予想PER:11.3倍

配当利回(実績)チャート

(2016年2月5日 ~ 2019年2月4日)
(週次)(3年)

f:id:Batsumira:20190205220048p:plain
f:id:Batsumira:20190205220058p:plain
配当利回りは安定して6%を超えるようになってきました……
2018年は自社株買いをほぼ出来ていませんし、なんかヤバ目のオーラを発していますww

連続増配年数:34年
配当性向:58.0%
『Dividend.com』さん から引用

保有状況チャート

(2017年3月31日 ~ 2019年2月4日)
(円建)(22ヵ月)

f:id:Batsumira:20190205221214p:plain
f:id:Batsumira:20190205221226p:plain
インカムゲイン目的で【T】を保有している方は結構いらっしゃると思いますが、私が保有銘柄に求めるものは、あくまでトータルリターンです。
なのに、この体たらく……

保有米国株状況一覧

(2019年2月5日)
f:id:Batsumira:20190205221604p:plain

米国株投資による通算配当金

通算受取配当金と1月あたりの配当金
(2017年4月28日 ~ 2018年2月5日)
(円建)(税引き後)(22ヵ月)

f:id:Batsumira:20190205221624p:plain
f:id:Batsumira:20190205221633p:plain

最後に

現在【T】の株価損益率を保有銘柄の中で見ると、下から3番目です。
下には【MO】や【PM】といったタバコ銘柄がいてるんですけど、はっきり言って【T】はそれらの銘柄よりも保有に不安を感じます。

やっぱり通信会社は設備投資費用が多く必要なのがネックです。
2018年のキャッシュフローを眺めると、本業で得た現金436億ドルに対して設備投資に持っていかれた現金はおよそ半分の208億ドルです。

それだけの設備費用が必要なので新規参入しにくい業種でもあるのですが、ベライゾン【VZ】という強力なライバルがいますし、インフラ企業には国民の厳しい目も向けられますから、簡単に値上げも出来ません。

メディア企業を買収してコンテンツの質を高めようとしていますが、現状は上手くいってないようですしね。

と、私を不安にさせる要素たっぷりですが、セクター分散の有効性を信じて、これからも【T】への投資を続けていきたい、と思います。


本日もご覧いただき、ありがとうございます。

次回の【T】記事
www.batsumira.com