バツイチ男が投資で未来を少し明るくしてみる

ほぼ高卒のバツイチ零細会社員が米国株への積立投資を中心に資産運用してます

P&G【PG】配当金と保有状況 23ヶ月 2019年2月

f:id:Batsumira:20190219090452p:plain

お久しぶりです。バツミラです。

繁忙期 真っ只中ですが、先が見えてきたので精神的に少し楽になってきました。とは言え、忙しい事に変わりなく体力的にはまだまだキツイ状況です。
本日、決算賞与(臨時ボーナス)が支給されたので気合で乗り切りたいと思います。

そんな事より、P&G【PG】からの配当が入金されました。
ぐへへ。

前回の【PG】記事
www.batsumira.com

概要

P&G【PG】は、一般消費財メーカーです。
地域別売上50%以上が米国外のグローバル企業です。

配当金の詳細
f:id:Batsumira:20190219095802p:plain

今回
1年前
株数 64 47
配当金(1株) $0.7172
⇧4.0%
$0.6896
 
配当金(合計)
(税引き後)
$36.92
¥4,080
$24.93
 
元本利回 $
(税引後)¥
2.66%
2.62%
2.35%
 

1月23日にリリースされた10-12月期の決算は良い内容でした。

単位:$
売上高
EPS
予想 171.6億 1.21
結果 174.4 1.25
前年同期 174.0億
⇧2.3%
1.19
⇧5.0%

EPS:1株あたりの純利益

売上高・EPSともに市場予想を上回り、通期EPSの見通しも少しだけ市場予想を上回りました。

【PG】はP&G JapanのWebサイト上で、日本語に翻訳した決算レポート(要約版)を出してくれているので、英語が全く出来ない私は非常に助かります(笑)

株価チャート

(2016年2月12日 ~ 2019年2月15日)
(円建)(週次)(3年)
f:id:Batsumira:20190219103609p:plain
f:id:Batsumira:20190219103617p:plain
去年12月の急落後、S&P500のようなリバウンドが無かった【PG】ですが、前述の好決算をうけて急落前の水準まで株価を戻しています。ブログ開始当初(2018年5月初旬)から見ると約40%も上昇しています。(いずれも円建て)

3ヶ月 騰落率:2.8%(¥)
予想PER:22.0倍

配当利回(実績)チャート

(2016年2月12日 ~ 2019年2月15日)
(週次)(3年)

f:id:Batsumira:20190219104614p:plain
f:id:Batsumira:20190219104625p:plain
一時4%近くあった配当利回も現在は3%を割り込んでいます。
去年は5月に増配されましたので、次回の配当が楽しみでゲス。

連続増配年数:62年
配当性向:64.9%

保有状況チャート

(2017年3月31日 ~ 2019年2月15日)
(円建)(23ヵ月)

f:id:Batsumira:20190219104958p:plain
f:id:Batsumira:20190219105009p:plain
去年前半には我が保有銘柄の中でもトップクラスのダメ株でしたが、現在ではS&P500に勝っている数少ない銘柄です。
他は多分【MCD】と【WMT】の2銘柄だけかな……

保有米国株状況一覧

(2019年2月19日)
f:id:Batsumira:20190219105717p:plain

米国株投資による通算配当金

通算受取配当金と1月あたりの配当金
(2017年4月28日 ~ 2018年2月19日)
(円建)(税引き後)(22ヵ月)

f:id:Batsumira:20190219105732p:plain
f:id:Batsumira:20190219105742p:plain

最後に

【PG】、なんだかんだ言うても強いです。
2015年以降は四半期EPS(1株あたりの利益)がコンセンサス(市場予想)を下回っていません。
暴落を経て株価が戻った現状から見ると、
『目先の株価ではなく財務データをしっかり見る事が大切なんだな』と痛感させられている次第であります。

しかし暴落の最中には、そんな冷静な思考力を保つ事など出来ず、
『おんぎゃー!このままもっと暴落し続けるでやんす!!』
とか思って、正常な判断など出来ない状態で、ただただ自分で決めたルール通りに買増する事しか出来ませんでした。

個別株に投資するなら、暴騰時・暴落時にも分析・売買を冷静沈着にこなせるような、そんな投資家にならないとダメですね。

私ですか?

  • 決算レポートを読む知能も語学力も無い無能
  • 売り判断を出来ないナンピン買い豚
  • 保有株が暴落すると絶望しながらも、何故か少しの興奮を感じる変態

そんな投資家が私です。ぐへへ。


本日もご覧いただき、ありがとうございます。

ドル建チャートは別記事に貼っています。