バツイチ男が投資で未来を少し明るくしてみる

ほぼ高卒のバツイチ零細会社員が米国株への積立投資を中心に資産運用してます

エクソンモービル【XOM】配当金と保有状況 20ヶ月目 2018年12月

お疲れ様です。バツミラです。

年末に差し掛かり仕事が大忙しですが、配当が続々と入金されるのでブログを更新もしたい、というジレンマに襲われております。
そんなこんなでエクソンモービル【XOM】から配当金を受け取りました。ぐへへ。
保有状況をまとめていきます。

前回の【XOM】記事
www.batsumira.com

概要

エクソンモービル【XOM】は世界最大手の石油会社です。石油スーパーメジャー6社の内の1社にあたります。

配当金の詳細
f:id:Batsumira:20181213175756p:plain

今回
1年前
株数 65 36
配当金(1株) $0.82
⇧6.5%
$0.77
 
配当金(合計)
(税引き後)
$42.38
¥4,812
$21.92
 
元本利回 $
(税引後)¥
3.24%
3.31%
2.99%
 

直近の決算は良い結果でした。
《売上高》
予想757億ドルに対して、結果766億ドル(前年同期は644億ドル)
《EPS(1株あたりの純利益)》
予想1.22ドルに対して結果は1.46ドル(前年同期は0.97ドル)

しかし、原油先物価格【WTI】は急落していて株価の重しとなっています。
f:id:Batsumira:20181213183012p:plain

株価チャート

(2015年12月11日 ~ 2018年12月12日)
(円建)(週次)(3年)
f:id:Batsumira:20181213183843p:plain
f:id:Batsumira:20181213183851p:plain
『レンジ相場やな~』って感じですね(笑)S&P500ETF【IVV】は順調に上昇していってるのに!
今の株価が下がっている時に買い増しをしたいのですが、アイビーエム【IBM】やAT&T【T】が【XOM】以上に下がるので、そちらの買い増しに投資資金を費やす事になっています。

3ヶ月前の株価は9,248円、現在は8,612円なので約6.9%下落しています。

予想PERは約16倍で原油が下落している現状で見ると、割安っぽいです。

配当利回(実績)チャート

(2015年12月11日 ~ 2018年12月12日)
(週次)(3年)

f:id:Batsumira:20181213184716p:plain
f:id:Batsumira:20181213184725p:plain
株価がレンジ相場なので当然 配当利回も、と思いきや配当利回は上昇傾向です。それはもちろん【XOM】が連続増配銘柄だからですっ!ドヤ?

現在の配当利回は4.31%で、十分な高配当です。

保有状況チャート

(2017年3月31日 ~ 2018年12月12日)
(円建)(20ヵ月)

f:id:Batsumira:20181213185306p:plain
f:id:Batsumira:20181213185315p:plain
配当込みリターン、ぎりっぎりでプラスです。損益額は何とプラス188円ww
先日の【IBM】ほどではありませんが、S&P500ETFとは大きいパフォーマンスの差が有ります。気長に投資していきます。

保有米国株状況一覧

(2018年12月12日)
f:id:Batsumira:20181213185830p:plain

米国株投資による通算配当金

通算受取配当金と1月あたりの配当金
(2017年4月28日 ~ 2018年12月12日)
(円建)(税引き後)(20ヵ月)

f:id:Batsumira:20181213190003p:plain
f:id:Batsumira:20181213190011p:plain

最後に

平均買付株価で見ると含み損状態の【XOM】ですが、配当込みリターンで見ると微益が出ている保有状況でした。四天王(悪い意味で)である【IBM】【MO】【PM】【T】と比較すると全然マシな状況です。

石油メジャーへの長期投資、どうなるんでしょうね。
電気自動車の技術が発展していくとガソリン需要が減っていき、【XOM】など石油メジャーの業績が悪くなっていくのだろう、と素人の私は予想します。

将来の需給予想は【XOM】の十八番です。
その【XOM】が東アフリカや南米などで大型プロジェクトを進めているのですから『まだまだ石油需要があるのだろう』と信じる事にします。

私も、会社の出張を出来るだけ車移動にしてガソリン使いまくって、需要を増やす努力をします!
あ、弊社の指定スタンドはエネオスですけどね。


本日もご覧いただき、ありがとうございます。

次回の【XOM】記事
www.batsumira.com