バツイチ男が投資で未来を少し明るくしてみる

ほぼ高卒のバツイチ零細会社員が米国株への積立投資を中心に資産運用してます

iDeCo資産状況 20ヶ月目 2018年11月末

お疲れ様です。バツミラです。

年末が近付いて来て『今年も1年が早かったな~』と例年通りに感じています。こうして毎年1つずつ着実に年齢を重ねる中で、老後資金確保の為に加入しているiDeCoの資産状況をまとめていきたいと思います。

前月のiDeCo資産状況
www.batsumira.com

ひふみ年金 買付記録

毎月の通り、何の感情も沸かぬまま『ひふみ年金』が約定されていました。
f:id:Batsumira:20181203182756p:plain

毎月の掛け金が12,000円だけ、というのもありますが、本当に何の感情も沸きません(笑)
貯蓄型の終身生命保険に加入しているような感じです。もちろん、iDeCoはそのような保険よりもメリットが多いです。

最近の値動き

『ひふみ年金』基準価格チャート
(2016年10月7日 ~ 2018年11月30日)
(円/1万口)(週次)(26ヶ月)

f:id:Batsumira:20181203184112p:plain
f:id:Batsumira:20181203184120p:plain
11月の騰落率
ひふみ年金:1.9%
S&P500投信:2.4%

今月もS&P500に負けてしまっています。何だかパっとしませんが、比較対象が世界最強(自称)のインデックスである『S&P500』が相手ですからね、仕方ありません。1ヶ月で+1.9%とか貯金と比較すれば十分なリターンです。

期間別トータルリターン

期間別トータルリターンは いつも通り、『ひふみ年金』と同じような値動きをする『ひふみ投信』の基準価格から算出します。

『ひふみ投信』
期間別トータルリターン
(2018年11月30日)(年率平均)
f:id:Batsumira:20181203185439p:plain
今までは どの期間のリターンと比較しても『ひふみ』が圧勝していましたが、1年でTOPIXと良い勝負になっています。私の『ひふみ年金』損切り基準である10年リターンもMSCIコクサイに迫られています。
5年or10年リターンでMSCIコクサイに負けたら損切りを検討します

いよいよ『ひふみ』の運用が怪しくなってきたのか、それとも今から巻き返すのか……
長期目線のファンドなので気長に観察してみようと思います。

iDeCo資産の推移

iDeCo資産推移チャート
(2017年3月17日 ~ 2018年11月30日)
(20ヶ月経過)

f:id:Batsumira:20181203190552p:plain
f:id:Batsumira:20181203190601p:plain
幾分マシにはなっていますが、今月も含み損状態ですね。この1年は日本株が奮わないので仕方ないところではあります。
資産全体でのポートフォリオが『ひふみ年金』100%だとしたら最悪な状況ですが、『ひふみ年金』は資産内で5%まで、と決めていますので致命傷ではありません……グスン

iDeCo資産のポートフォリオ

『ひふみ年金』100%なので省略します。

最後に

iDeCoもとい投資信託での運用は本当やる事ないです(笑)
私は『ひふみ年金』というアクティブ型の投資信託へ投資しているので、たまには運用レポートを見たりしていますが、『eMAXIS Slim 全世界株式』とか『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』とかに積立投資していたとしたら、本当に『無』になってしまいそうです。
インデックス投資は『投資に割く時間を極端に少なくできる』っていうのがメリットの1つなので悪い事ではないんですけどね。

私にとって、iDeCoが存在感を最大限に発揮するのは源泉徴収票をもらった時です(笑)その時期も近くなってきましたが、その前に冬のボーナスやっ!3桁たのんまっせ!
そもそも、ミスばっかりしてる私にボーナスが支給されるのかは怪しいですけども……


本日もご覧いただき、ありがとうございます。