バツイチ男が投資で未来を少し明るくしてみる

ほぼ高卒のバツイチ零細会社員が米国株への積立投資を中心に資産運用してます

【続】米国株均等ポートフォリオにおける配当リバランス効果が気になる

2018.10.25_リターンの計算を間違えていたので訂正しました。

お疲れ様です。バツミラです。

今回は先日の記事の続きとなります。
www.batsumira.com

配当を出し続けている10銘柄に均等投資し、その後に受け取る配当を

  1. DRIPのように、配当を出した企業にそのまま再投資する
  2. 時価評価額が1番低い銘柄に全銘柄の配当を投資する

と、2つの配当再投資パターンでリターンを比較しましたが、差は ほぼ有りませんでした。

本日は、前回と同じ条件に加え『積立投資によるリバランス効果』も含めた検証を行いと思います。

検証にあたって

検証の内容は、ほぼ前回と同じです。

○○年前の過去に戻り、配当を出し続けている10銘柄に1,000ドルずつ合計10,000ドルを投資し、その後に受け取る配当を

  1. 配当を出した企業にそのまま再投資する。
    あわせて全銘柄に毎月30ドルずつ(計300ドル)追加投資する
    (パターン1)

  2. 時価評価額が1番低い銘柄に全銘柄の配当を投資する。
     あわせて毎月300ドルを時価評価額が最も低い銘柄に追加投資する
    (パターン2)

と、2つの行動パターンの違いによって、現在までのリターンの差を計測したいと思います。前回と同様に、リターン自体の信憑性は高くありません。


検証に用いる銘柄も前回と同じです。
不動産を除く各セクターから連続増配している(いた)企業から1銘柄ずつ選出します。
f:id:Batsumira:20181010203250p:plain

その他、検証条件は以下の通りです(ほぼ前回と同じ)

  • 株価と配当データは英語版モーニングスターさん のを使わせてもらいます。
  • 全銘柄 配当は3・6・9・12月末に28%の税引きをされてから入金されるものとし、再投資は その月末終値とします。
    また毎月の積立投資も月末終値とします。
  • 株数は1株未満(少数桁)でも買付可能とします。
  • 買付手数料は無し

過去20年での比較

前置きが長くなりましたが、1998年9月末~2018年9月末(20年間)から比較していきます。
f:id:Batsumira:20181011220404p:plain
f:id:Batsumira:20181025152614p:plain
ふふふ……全く変わらんではないか!!
こんなハズではないんです!そう、きっと30年で見れば もっと大きなリターンの差になるハズなのです!

て事で株数増加率の比較をペタっと。
f:id:Batsumira:20181011220953p:plain

そんでもって時価評価額の比較もペタっと f:id:Batsumira:20181011221037p:plain

過去30年での比較

お待たせしました。真打登場といったところです。
1988年9月末~2018年9月末(30年間)での2パターン比較を始めます!
f:id:Batsumira:20181011221420p:plain
f:id:Batsumira:20181025152646p:plain
ね?だから言うたでしょ?
配当再投資や積立投資のやり方の違いで そんなにリターンは変わらないと。
いや30年で年率0.54%の差は大きいですよ?大きいですけども銘柄選定が違えば吹き飛ぶような差、誤差みたいなモンです。

なんか元気が無くなってきましたが、
株数増加率の比較です…… f:id:Batsumira:20181011221843p:plain
パターン2を見ると、追加・配当の投資分の大半を【T】が吸い込んだのが良くわかります(笑)

次に時価評価額の比較です。
f:id:Batsumira:20181011222244p:plain
決して信憑性の高くない数字ですが、お下劣なリターンですね。これからの30年も同じようなリターンにならないものでしょうか。

最後に

米国株への投資方針と考え方の記事を書いてる途中に思い立ち、2つの記事に分けてまで進めた検証ですが、個人的には残念な結果となりました。

とは言え、今回の検証結果は、銘柄・時期・投資額など様々な条件を変化させていけば違った結果になると思います。あくまで『今回の検証条件では』2パターンの投資法によるリターンに差は無かった、という事です。

私は、この結果を受けて投資法を変えたりする事はありません。今までと同じように毎月 時価評価額が1番低い銘柄を買い増していきます。このような些細な検証結果1つで心を乱しているようでは この先ウン十年も続く長期投資など到底できませんからね。ただただ無機質に無感情に無表情で………
……
……
……
おんどりゃーーーー!!!

本日もご覧いただき、ありがとうございます。