バツイチ男が投資で未来を少し明るくしてみる

ほぼ高卒のバツイチ零細会社員が米国株への積立投資を中心に資産運用してます

『営業』のプロである銀行や証券会社に投資の相談をしないバツイチ男

お疲れ様です。バツミラです。

私は株式や投資信託を保有していますが『どの商品を買えば良いですか?』という事を、銀行や証券会社の方に質問をした事はありません。というか投資するにあたって銀行や証券会社など金融機関の方と お話しした事がありません。

何故なら私のような庶民が普段 接してもらえる金融機関の方々は『投資』や『運用』のプロではなく、本当に良いモノでなく自分達(会社)が売りたいモノを売る『営業』のプロだからです。

投資家と金融機関の関係

今から投資を始めようと思っている方の中には『本やネットで勉強するのは面倒だから、金融のプロである銀行や証券会社で手っ取り早く教えてもらおう』と考える方も いらっしゃるでしょう。そして窓口へ赴き《○○プランナー》など大層な肩書きが書かれた名刺をもらって思うのです。
『自分より格上の人が言う事は全て正しい』(権威付け効果)

しかし現在の日本では、投資家と金融機関の関係は利益相反である事を知っておかなければなりません。『一番儲かる投資商品を教えて欲しいでやんす!』と窓口へ相談に行く事は、カモがネギを背負う行為に等しいです。

株式や投資信託、NISAやiDeCoの仕組を教えてもらいに行く事は全然OKです。
後に、自分で勉強を重ねた結果、教鞭を執ってくれた金融機関が魅力的であるならば、その金融機関で取引を始めれば良いです。

金融機関にとって手数料は収入源

金融機関には色々な収入源がありますが、その一つに、投資家が金融商品を売買・保有をするのに支払う手数料があります。

株式では買う時にも売る時にも手数料が必要です。
投資信託では(商品や販売する金融機関にもよりますが)、買う時・売る時・保有している期間、それぞれに費用が発生します。

したがって金融機関にとって『良い投資商品』の第一条件は、金融機関が手数料を多くとれる商品になります。
金融機関としても、投資家が儲けてくれると継続して手数料が入ってきますし、損を出すと会社・担当者の信用が無くなりますので、あまりにもムチャクチャな商品を紹介してこない、とは思います。

投資家にとって手数料は敵

しかし手数料は、個人が投資するにあたってコントロールできる数少ない要素です。
投資して儲かるか損するかは投資してみないと わかりませんが、手数料は儲かろうが損しようが必ず確実に徴収されます。投資家にとって手数料は安いに越した事はありません。

したがって投資家にとって『良い投資商品』の条件の一つは、手数料が限りなくゼロに近い商品になります。

実際に良く売れている投資信託

しかし悲しい事に現在、日本一の資産残高を誇る(日本で良く売れている)投資信託は金融機関にとっての『良い商品』です。
名前は伏せておきますが、その投資信託を保有しているだけで、毎日徴収されている手数料(信託報酬)は年率 約1.71%です。そのうち販売した金融機関の取り分は年率 約0.78%です。はっきり言いますが、これはエゲツなく高いです。計算は面倒くさいので後日にしますが、お下劣に高いです。

ちなみに現状、私が一番良いと思っている投資信託『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の信託報酬は年率 約0.23%、販売した金融機関の取り分は年率0.05%です。販売会社の取り分には15倍以上の差が生まれます。

あなたが金融機関に勤めていたら、どちらの投資信託を売りたくなるかは明白ですよね。

私の友人の話

まったくの投資初心者である私の友人が金融機関へ投資について教えて貰いに行った ついでに『オススメの投資商品は何か?』を聞いたそうです。

答えは『ひふみプラス』(笑)

いえ、私も『ひふみ年金』に投資していますし悪い選択ではないとは思いますよ?しかし何もわかっていない素人に その選択肢は無いな、と率直に思いました。
『下手な商品は勧められないけど、手数料収入は多目に欲しい』という金融機関の心の葛藤が聞こえてきそうです(笑)

さいごに

色々と書きましたが、私が言いたい事は いつもと同じです。

投資は自己責任・自己判断が絶対。大事な自分のお金が手数料で消えてしまう事がないように、しっかり勉強しましょう。

くれぐれも、勉強を放棄して銀行や証券会社の方々がオススメする商品には手を出さないで下さい。(勉強した結果、手を出すのであればOK)
金融機関の方々も やむを得ず、自社の利益になる商品をオススメしている事は理解しております。

本日もご覧いただき、ありがとうございます。