バツイチ男が投資で未来を少し明るくしてみる

ほぼ高卒のバツイチ零細会社員が米国株への積立投資を中心に資産運用してます

老後資金を貯金だけでは用意できないので投資するバツイチ男

お疲れ様です。バツミラです。

私はバツイチ独身男なので、孤独な老後を迎える事が確定済みです。定年退職後は親族に迷惑をかける事なく平穏に暮らしたい、と思っていますが、その為に必要なモノはお金です。

私は65歳までに2,000万円あれば、どうにかなるだろうと思っています。現在の勤めている会社の退職金(60歳)は1,000万円ですが、仮に貰えたとして3,000万円あれば安心した老後生活が送れるのかな、と思っています。

しかし、私にとっては大金である2,000万円、貯金だけではとても用意できる金額ではありませんので、投資を始めました。

2千万円の根拠

65歳までに貯める金額が何故2,000万円なのか。
詳しくは今後詳しく記事にしたいですが(するとは言っていない)、簡単に私の予想だけ説明しておきます。

  • 85歳まで生きる。現在の平均寿命は男性で約81歳(平成28年度のデータ)
  • 年金は月15万(厚生年金含む)
  • 支出は月21万
  • 長生きリスク無視
  • 物価上昇無視
  • 上記計算で死亡時560万円残るので、その時に近しい人間に後始末を頼む

もちろん厳しい金額ですが、あくまで2,000万円は最低ラインです。

2千万円を貯金する

現在の貯金額をゼロとして、各年代の人が65歳までに2,000万円の貯金を作るのに必要な月々の貯金額を概算で計算してみましょう。

現在の年齢 月々の貯金額
25歳 42,000
35歳 56,000
45歳 83,000
55歳 170,000

f:id:Batsumira:20180818212527p:plain
このチャートを見れば、老後資金の用意を始めるのを遅らせれば、それだけ月々の貯金額が多くなってしまうのが わかります。

私は現在30代中盤なので月56,000円もの貯金が必要になります。元妻氏のもとで暮らす子供達の大学費用ぐらいは用意してあげたいと思う私にとっては、不可能に近い金額です。
そこで私は、65歳までにまだ30年という時間がある事を利用して『長期投資をしよう』と決心し、投資を始めました。

2千万円を長期投資で稼ぐ

以前から私はインデックス投資の長期リターンを記事にしています。 たとえば下記の記事です。
www.batsumira.com
上の記事はS&P500の長期リターンですが、MSCIコクサイなどでも20年を超える長期では同じようなリターンになると思っています。

長期投資での年率リターンを5%と想定して、各年代の人が65歳までに2,000万円の資産を作る為に必要な月々の積立投資額を計算してみましょう。なお65歳時に投資商品を一括売却し利益に20%課税されたと仮定します。
手入力計算なので概算

現在の年齢 月々の投資額
25歳 15,600
35歳 27,600
45歳 53,700
55歳 135,600

f:id:Batsumira:20180818221805p:plain
概算ですが、貯金で2,000万円を用意する場合と比較すると、どの年代の方でも月々の負担が約3万円も減ります。現在30代中盤の私の場合、月3万円弱になりますので何とか捻出できそうな範囲になります。

つみたてNISAやiDeCoなどの制度を上手く活用すれば、もう少し月々の負担を減らす事が出来ますが、シミュレーションは面倒臭いので、やめておきます。

年率5%を実現できそうな商品

では年率5%を実現できそうな投資商品は何か、という話ですね。あくまで私の予想で、何も保証は出来ませんが、紹介したいと思います。

まず、投資商品には株式や債券、不動産など色々ありますが、もし私が投資初心者の方にオススメするなら『投資信託』です。
具体的な商品名も書いておきますが、年率5%を実現する為には30年前後、長期保有する覚悟が必要です。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

私の中では『30年前後、安心して保有できる投資信託』のNo.1です。全世界の株式に分散投資してくれる投資信託です。
親しい人に『オススメの投資商品は?』って聞かれた場合は、現状、この投資信託を挙げます。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

日本を除く全世界の株式に分散投資してくれる投資信託です。本当は日本も含んで欲しいので次点としておきます。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

米国証券市場に上場する優良500社の株式へ分散投資してくれる投資信託です。私なら、この投資信託を選択しますが、30年前後の長期投資ですと『本当に米国だけで大丈夫か』という不安を感じ、精神的に良くないので、万人にオススメできる投資信託ではありません。

以上、具体的なインデックス投資信託の名前を3つ挙げましたが、同じ指数(インデックス)に連動する投資信託で信託報酬が年率0.3%以下であれば、大差ないと個人的には思っています。

さいごに

どうでしたでしょうか?貯金だけでは厳しい2,000万円という大金の用意ですが、長期を前提とした積立投資でなら可能に思えてきませんか?
私自身は実際に投資をして、その目標金額に対して楽観的になれています。現状、米国の個別株に手を出してボロボロの状況ですけどね!!

投資は自己判断・自己責任・賢明な投資商品、で行って下さい!

本日もご覧いただき、ありがとうございます。