バツイチ男が投資で未来を少し明るくしてみる

ほぼ高卒のバツイチ零細会社員が米国株への積立投資を中心に資産運用してます

S&P500の長期名目リターンを見て妄想が捗るバツイチ男

お疲れ様です。バツミラです。

以前、S&P500指数に関して長期の実質リターン(配当込み)を記事にしました。
www.batsumira.com

今回は名目リターンを記事にしたいと思います。

名目リターンと実質リターンと違い

そもそも『実質リターン』と『名目リターン』て何やねん?って話ですね。
ほぼ高卒が頑張って書いてみます。

名目リターンとは、額面上のリターンです。
100万円を投資して1年で10%のリターンを得られるとします。すると100万円は1年後に110万円になります。この場合、名目リターンは10万円となります。

実質リターンとは上記の名目リターンにインフレ(物価上昇)を加味したリターンです。
同じように100万円を投資して1年で10%のリターンを得られるとします。そして同じ年にインフレで物価が1年で2%上がったと仮定します。
1年後100万円は額面上、110万円になりましたが、物価が上昇して1年前には100万円で購入できていたものが102万円になっているので実質的なリターンは8万円となります。これが実質リターンです。
1年後の110万円では1年前の107.8万円分の買い物しか出来ない

自分で書いてて難解な文章だと思いますww

名目リターンを見る理由

名目リターンを見る理由ですが、特にありません(笑)ブログのネタギレだと解釈願います。
しかし世の中に実質リターンを謳う投資商品はありません。株・投資信託のトータルリターンなんかも全て過去のリターンは名目リターンで表記されています。私の記事で出てくるリターンも特に注釈が無い限りは全て名目リターンです。

もしかしたら前回の私の記事(S&P500の実質リターン)を見て下さった方の中に
『S&P500ショッボーww』となった人がいらっしゃったかもしれないので、このあたりでS&P500の真の実力(名目リターン)をお見せしましょう。

S&P500の長期名目リターン

S&P500の長期の名目リターンを各年ごとに紹介しようと思いますが、先に注意事項から。

  • 円建て
  • 配当込みリターン
  • 使用する数値はSP500TR
  • 平均年率リターンは各年の○年前に投資した場合の数値

20年リターン

まず20年リターンから…え?10年は無いのかって?
10年はマイナスの年もあって見た目が良くないので20年から行きます(笑)
f:id:Batsumira:20180719212319p:plain
1980年代は成績が悪いように思いますが、1986年まで1ドル200円以上だった事を考えると凄い成績だと思いますよ。

30年リターン

次に30年リターンいきます!
f:id:Batsumira:20180719212751p:plain
強過ぎワロタwww
1994年の成績が少し悪いですが、ドルベースでは平均年率リターン9.94%です。
為替が1964年1ドル360円で1994年末には100円を割ってますからね。

40年リターン

え?40年なんか いらない?
まぁまぁ、せっかく作ったんやから見ていって下さい!
f:id:Batsumira:20180719213428p:plain

50年リターン

え?50年なんか(ry
f:id:Batsumira:20180719213640p:plain
ふぅ満足!

まとめ

さすがに40・50年は やり過ぎました。
ムシャクシャしてやった。後悔はしていない。
それにしてもS&P500は結局、強かった(過去形)という事ですね。
そらそうですよね、1960年を 1 とするとこんなチャートになるんですから。
f:id:Batsumira:20180719215414p:plain
1970年代や2000年代など10年以上の単位で報われない時期がありますが、その後には取り戻すようにアゲアゲになります。

さいごに

現在、私はS&P500のインデックス投資ではないですが、米国株に600万以上を投資しているので30年後、3,000万円になっている事を妄想すると…………
ぐへへ。
【IVV】一本にしようかしら…

本日もご覧いただき。ありがとうございます。