バツイチ男が投資で未来を少し明るくしてみる

ほぼ高卒のバツイチ零細会社員が米国株への積立投資を中心に資産運用してます

iDeCo資産状況 14ヶ月目 2018年5月末

お疲れ様です。バツミラです。

先日の記事で書いた通り2018年5月のiDeCo口座での買付が完了しましたので、iDeCo(個人型確定拠出年金)の資産状況を記事にします。

iDeCo資産の推移

iDeCo口座内の資産推移をチャートにしました。
例によりS&P500投信との比較も同時に行います。

f:id:Batsumira:20180601083148p:plain

2017年3月17日~
  2018年5月31日
14ヶ月経過
iDeCo資産残高   199,553
元本        180,000
     損益額 19,553
     損益率 10.86%
     年率換算 8.94%
元本(控除) 153,000
     損益額 46553
     損益率 30.43%
     年率換算 24.67%
S&P500投資信託に
  投資していたら
190,539
     損益額 10,539
     損益率 5.86%
     年率換算 4.84%

元本(拠出額)は1.2万/月です。
元本(控除)はiDeCoの所得控除による減税額を元本から差し引いた金額です。(概算)
1.2万×15%=1.8千(/月)
S&P500投信の約定日はiDeCo約定日と同一日に仮定しています。
S&P500投信は特定口座で買付したと仮定しています。

『ひふみ年金』が優秀ですので、現時点では絶賛プラスになっており非常に気持ちが良いです。

『元本(控除)』はiDeCo制度により減税された金額(ザックリ元本の15%)を元本から差し引いた金額です。そこから計算した損益率は30.43%と凄いリターンで、S&P500投信を特定口座で買い付けた場合と比較して圧勝しています。

勤務先の企業年金も確定給付から確定拠出に変更して欲しいです。
一度お願いした事があるのですが、
『投資なんてするのはバツミラさんだけですよ(怒)』と何故か怒られてしまったので、もう二度とお願いする事は出来ません…

iDeCoの制度メリットの1つとして『減税』がありますが、住宅ローン控除を受けている人は注意して下さい。
私の場合、消費税5%の時に居住を始めたので、
所得税+9.75万>住宅ローン控除額
という式が成り立ち iDeCoの減税効果があります。あくまで私の場合です。詳しい事はググりましょう(笑)

iDeCo資産のポートフォリオ

私は今のところ100%『ひふみ年金』で運用していますので、わざわざチャートにするのは やめておきます。
資産全体で『ひふみ年金』は 5%まで と考えていますので、今後、S&P500投信やMSCIコクサイ投信を購入する可能性があります。

最後に

私は、老後資金の不安解消と減税効果に期待して、iDeCoを利用できるようになった2017年1月すぐに加入しました。
iDeCoや つみたてNISAという制度が次々に出来て、
偉い人『既存の年金はアテにするなよ』
偉い人『老後資金は自己責任で用意しろよ』
と言われているような気がするので、利用できる制度は今後も全て利用しようと思ってます。
(私は つみたてNISAではなくNISAを利用していますが…)

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

次月のiDeCo資産状況
www.batsumira.com